カトマンズ盆地のみどころ
遠い山々に囲まれた古都

周囲を山々に囲まれ、遠くにヒマラヤを望むカトマンズ盆地は、どこか日本の風景を思わせます。 標高1300Mに位置し、カトマンズ、パタン、バクタプルの3つの古都から成っています。 歴史的建造物が数多く残されており、街を歩けばネパールの歴史や文化が感じとれます。 1979年にユネスコ世界遺産に文化遺産として登録されました

お釈迦さまが生まれた国。
仏教文化のつながりは思いのほか強い。

インド国境に近いネパール南部にあるルンビニは、お釈迦様が生まれた場所として有名です。 静かな小さな村ですが、古来より仏教徒にとって四大聖地の一つになっており、 ネパールのみならず各国からたくさんの仏教徒が巡礼に訪れます。 聖地巡礼の体験は、日常の暮らしから離れ、あなたの心に安らぎを与えてくれるでしょう。

湖とヒマラヤの穏やかな街。
心と身体を休めてほしい。

カトマンズ盆地の西200kmにあるポカラは、湖とヒマラヤが見える町として有名です。 8,000m級の山々――アルナプルナ、マッチャプッチャレ、ダウラギリ、マナスルなどを 間近で見ることができます。標高827mの温暖な気候で、 トレッキングの拠点の町としてだけでなく、リゾート地としても人気のある場所です。

ジャングル、野生動物、アクティビティー。
意外と知らないネパールの魅力。

ネパールにはヒマラヤ山脈だけでなく、様々な自然保護区や国立公園があります。 ネパール南部に位置するチトワン国立公園は、インドサイ、ベンガルトラなど 40種類以上の哺乳類が確認されており、また野鳥の楽園としても知られています。 ジャングルサファリ、エレファントサファリ、カノイング等ができ、多くの人が訪れます。